手入れの仕方

マンチカンなどの猫は、自分でも毎日欠かさずブラッシングを行います。
前足や舌で自分の体毛を整えるのは、ノミなどの害を防ぐことと同時に、皮膚病などからも身を守るために行なうのです。
猫自身が自分で全て行なうため、こちらは手を出さずとも良いだろうと考える人もいるでしょう。
しかし、こちらがブラッシングを行なうことで、猫自身にも整えることの出来ない箇所をブラッシングできるため、猫のためにも必要なことなのです。
マンチカンを飼うブリーダーの人は、毎日一回は猫のブラッシングを行います。
手で直接触る事では、表面だけしか整えることができません。さらに、人が使うような櫛で体毛を梳くと、猫の毛が櫛に引っかかり、痛みを与えかねないので、注意が必要です。
ブリーダーの人は、ブラッシングを行なう際にコームと呼ばれる専用の櫛を使用します。
コームを使用することで、猫の表皮や体毛を痛めずに、ブラッシングが行えるのです。

コームを使用する場合、左右それぞれの構造が違うことに気づきます。
櫛の歯が荒い部分であれば、猫の体毛にある毛玉などを取り除くことができます。
歯が荒いため、体毛が長い種類でも毛を引っ掛けることなく、使用することができるのです。
ブリーダーは、マンチカンが手入れできない腋の下や顎の下などを念入りにこの歯が荒いコームでブラッシングします。
歯の細かな部分は、荒い部分でブラッシングを行なったあと、最後に使用します。
細かい部分を使用することで、体毛を綺麗に整えることができるのです。
マンチカンの皮膚を傷つけないように、先端が丸くなっているタイプのコームもあるため、使用することでマンチカンも嫌がらずにブラッシングをさせてくれるでしょう。